贈り物目的別 出産祝い・出産記念 誕生日プレゼント 入園・入学祝い 七五三祝い クリスマスプレゼント

Top【ギフト】トピックス > のし(熨斗)紙とは

のし(熨斗)紙とは

贈答品を買うときに「のし紙(かけ紙)はどうなさいますか?」と聞かれることがあります。
品物を贈るときには、熨斗(のし)紙をかけるのがしきたりです。

熨斗(のし)紙は正式には品物に奉書紙をかけ、水引を結び、慶事では熨斗(のし)をつけますが、現在では水引も熨斗(のし)も印刷されているのが一般的です。水引や熨斗(のし)のしきたりは祝儀袋・不祝儀袋と同じです。
婚礼関係には紅白または金銀の結び切り、熨斗(のし)つきを、葬儀・法要には黒白または双銀の結び切り、熨斗(のし)無しを使い、何度あってもうれしいお祝い事には紅白の蝶結び、熨斗(のし)つきを使用します。
熨斗(のし)紙の表書きも水引の上には目的、下には名前(通常、名字かフルネーム)えを入れます。


「内熨斗(のし)」と「外熨斗(のし)」
品物にかけ紙をかけてから包装紙で包むのが「内熨斗(のし)」、品物を包装紙で包んだ後にかけ紙をかけるのが「外熨斗(のし)」です。
「内熨斗(のし)」のほうが一般的に使われていますが、「外熨斗(のし)」には贈り物の目的や贈り主が一目でわかる、という利点があります。
贈り物を持参する時や贈り物がたくさん集まる場合、贈り主や目的がすぐわかる「外熨斗(のし)」にするとよいでしょう。





「贈る」と「お返し」のマナー より


『出産祝い人気ランキング』

TOPページサイトマップ特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー商品一覧このページのトップへ