贈り物目的別 出産祝い・出産記念 誕生日プレゼント 入園・入学祝い 七五三祝い クリスマスプレゼント

Top【ギフト】トピックス > 七五三を贈る時期とポイント

七五三を贈る時期とポイント

身内でのお祝いが一般的。祝い着は10日中旬までに。

●いつ贈る? 当日までに。
●金額の目安は? 5000円〜1万円
●水引は? 紅白蝶結び・のしつき
●表書きは? 「御祝」
●お返しは? 不要。子供の名前で「内祝」を贈ることも

神社に参拝して子供の成長を感謝する行事
七五三は、11月15日に、その土地の氏神様に参拝して、子供の成長を感謝する行事です。
地域により違いはありますが、女児は3才と7才、男児は3才と5才を祝います。
3才の女の子の祝い着は、お宮参りの衣装の上に被布、5才の男の子は紋付きの着物と羽織、
はかま、7才の女の子は本裁ちにした友禅の着物に華やかな帯、独特のしごきをつけます。
七五三は内々のお祝い事なので、お祝いを贈るときは、事前に祝い方を聞いて品を決め、
10月中旬には、届くように贈りましょう。祝い着を贈りたい場合は両親に意向を聞いてからに。
高額でもあり、新調しても、あとはほとんど着る機会がないので、最近はレンタルを利用したり、
ドレスやスーツなどを着せるケースも多くなっています。
当日は神社に参拝して記念写真をとったり、身内でお祝いの膳を囲むというのが一般的です。
神社へのお礼はお宮参り同様、「御初穂料」「御玉串料」とし、子供の名前を書き、
右上に年齢を書き添えます。
お返しは必要ありませんが、お祝いをいただいた方にお返しを贈る場合は「内祝」として、子供の名前で、赤飯や千歳あめを贈ります。


『出産祝い人気ランキング』

TOPページサイトマップ特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー商品一覧このページのトップへ