贈り物目的別 出産祝い・出産記念 誕生日プレゼント 入園・入学祝い 七五三祝い クリスマスプレゼント

Top【ギフト】トピックス > 贈り物(ギフト)の基本マナー

贈り物(ギフト)の基本マナー

【ギフトのマナーについて】
お祝い事や季節のあいさつ、お礼をしたいときに、「おめでとう」「ありがとう」などの気持ちを託して贈る品物やお金。
相手に気持ちをきちんと伝えるために、基本的な贈り物(ギフト)のマナーについてしっておきましょう。

相手の好みや生活を考えた品物選びを

世の中には義理や習慣での贈り物も存在しますが、できるなら贈り物(ギフト)は心のこもったもので、相手とのコミュニケーションを深めたり、円滑にするために行いたいものです。
贈り物(ギフト)をそるときに大事なのは、「おめでとう」「ありがとう」「お元気ですか」など、相手に対しての気持ちです。
贈り物をするときは、贈る側だけの自己満足に陥らないことも大事なマナー。
「自分の好みだから」「高価なものだから」「ブランド品だから」相手も喜ぶはず、と自分勝手に品物を選ぶと、せっかくの気持ちも伝わりにくくなってしまいます。
先方の好みや、家族構成、生活、年齢などを考慮して、喜んでもらえるものを選びたいもの。
一人暮らしの人に、日持ちしない食品を大量に送ったり、どんなにいいワインでも、お酒を飲まない人に贈るのは、相手に迷惑をかけることにもなりかねません。
また、相手に負担を感じさせない程度のものを贈ることも大事なマナーです。


託送するときは、必ず送り状を出す

贈り物(ギフト)は、本来、先方宅に持参し、あいさつの言葉とともに届けるものでした。
忙しい現代では、持参するのは贈る側も大変ですし、贈られる側も迷惑になる場合もあるので、託送するのが一般的です。
託送するときは品物を送りっぱなしにせず、「何を」「何の目的で」送ったのかを、はっきり書いたカードやはがきを、品物が届く前に出すか、品物に同梱します。目的を伝えずに贈ると相手が戸惑うこともあるので、はっきりと記しましょう。親しい間柄であれば送る前に電話で相手の都合を聞いてから託送するといいでしょう。

慶事は奇数、弔事は偶数。しきたりも心得て

贈り物(ギフト)をするときは、昔からのしきたりも気を配りましょう。
中国の陰陽五行説がもととなった考え方ですが、贈り物をするときには慶事には奇数、弔事には偶数というしきたりがあります。
ただし、日本では「八」は偶数でも末広がりで縁起が良いとされています。
「四」「九」は音が「死」「苦」と同じため、贈り物には嫌われます。
また、現代では「二」はペアで一組、6個は半ダース、12個は1ダースとして贈り物(ギフト)として送りますが、
年配の人に贈る場合は数のしきたりについても心得ておいたほうがいいでしょう。
また、目上の人に下着など直接身につけるものや、履物(踏みつけるという意味がある)などを贈るのは失礼とされているので気をつけましょう。



『出産祝い人気ランキング』

TOPページサイトマップ特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー商品一覧このページのトップへ