贈り物目的別 出産祝い・出産記念 誕生日プレゼント 入園・入学祝い 七五三祝い クリスマスプレゼント

Top【ギフト】トピックス > 「出産祝い」を贈る時期はいつごろ?

「出産祝い」を贈る時期はいつごろ?

出産祝いを贈る場合のマナー 
赤ちゃんがいる家庭では、知人の「出産祝い」を贈ったり、
初節句のお祝いを贈る機会が多くなるものです。
日頃お世話になっている人や自分の出産の時に出産祝いをくださった人には、
忘れないように送るようにしましょう。

 出産祝いを贈る場合は、※お七夜がすぎてから、1ヶ月以内が目安です。
すぐに出産のお祝いの気持ちを伝えたい場合でも、よほど親しい相手以外は、
入院中の病院に見舞うのは控えるのがマナー。
早く出産のお祝いの気持ちを伝えたい場合は、出産祝いのカードや祝電を送ったり、
花をとどけてもらうのがよいでしょう。

 退院後、出産祝いに訪問する際は、お七夜がすぎて落ち着いてからにしましょう。
事前に電話で相手の都合をたずねることも忘れずに。

品物の表書きは「御祝」「御出産御祝」とし、水引は紅白の蝶結びを使います。

初節句のお祝いは、節句の2週間前までに贈るようにしましょう。


お七夜
生まれた日から数えて7日目に、赤ちゃんの無事な成長を願ってお祝いをします。
昔は赤ちゃんが生まれても、数日で死亡してしまうケースが多かったため、7日間育ったことを
お祝いするお七夜の祝宴は、盛大に行われていました。
しかし最近では、7日目というと、母子の退院の日に重なることが多いため、数日後あらためて
行う家庭や、特に行わない家庭もあるようです。
一般的には、この日に命名します。

出産祝い をいただいたら
出産祝い をいただいたら、くださった人に内祝いを贈ります。
内祝いは喜びを報告するという意味で、あくまでもお祝いのお返しではありません。
といっても、何かもらったらお返しをする習慣があるため、お返しととらえるケースが多いようです。
内祝いはもらった金額の3分の1から半額程度が目安。
表書きには「内祝」として、子供の名前で贈ります。水引は紅白の蝶結びを使用します。
贈る品物として一般的なのは、砂糖、石鹸、タオル、キッチン用品などです。
出産祝いのお礼状も一緒に送ると丁寧です。
内祝いは出産祝いをいただいた日から1ヶ月以内に贈るのがマナー。
生まれたばかりの赤ちゃんがいて、バタバタと忙しい時期ですが、忘れたり、おくれないよう注意しましょう。



『出産祝い人気ランキング』


出産祝いにつける熨斗は?


初節句


出産祝い 金額の相場

御祝い金品を贈る場合の贈答様式

メッセージカードの書き方。例文

出産祝い Q&A


出産内祝い Q&A

TOPページサイトマップ特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー商品一覧このページのトップへ