Topキューブトピックス > お宮参り

お宮参り

生まれてはじめてその土地の氏神様をお参りし、赤ちゃんの誕生を感謝するとともに、
元気に育つように祈願します。

その土地によって違いますが、普通、男の子は生後31日目、
女の子は生後32日目に行うとされています。

でも、赤ちゃんを外に連れ出すのですから、あまり日どりにこだわらずに、
赤ちゃんの体調が良くて、お天気の良い日に行いましょう。

しきたりでは、赤ちゃんの父方の祖母が赤ちゃんを抱き、そのあとに母親が従いお参りします。

最近では両親だけで行ったり、両方の祖父母が参加したりと様々です。

本来は氏神様にお参りするのが筋ですが、行きやすい神社でも良いでしょう。

有名な神社も良いのですが、あまり遠くまで出かけては、赤ちゃんがかわいそう。
無理のないように注意しましょう。

神社で祝詞をあげてもらう場合は、あらかじめ問い合わせ、
予約が必要かどうかを確認しておきましょう。

結婚シーズンなどには混んでいるところもあります。

神社に対する謝礼は、その神社によって決まっているところもあります。

特に決まっていないところでは、5000円〜10,000円が目安です。

あらかじめ「御玉串料」または「御初穂料」と表書きをした、
紅白の蝶結びの水引がかかった、のし のついた祝儀袋に入れ、
赤ちゃんの名前を書いて用意しておきましょう。

赤ちゃんのお祝い着は母方の実家が贈るのが習慣とされています。

最近では和装にこだわらずに、白いベビードレスで行うケースも多く、
お祝い着のレンタルを利用する人も増えています。


出産祝い トピックス:メッセージカードの書き方。例文

出産祝い トピックス:御祝い金品を贈る場合の贈答様式

出産祝い トピックス:出産祝い 金額の相場

出産祝い トピックス:初節句


出産祝い トピックス:出産祝いにつける熨斗は?

出産祝い トピックス:「出産祝い」を贈る時期はいつごろ?


出産祝い Q&A


出産内祝い Q&A

TOPページサイトマップ特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー商品一覧このページのトップへ